レンチキュラー3D印刷ってどうなん?

スポンサーリンク



こんにちは!!
今期より常任役員を務めさせていただく、東京プロセス工業協同組合青年部青樹会所属、株式会社マル・ビの喜多村と申します!!
前回の役員会でご指名いただき、初ブログを投稿させていただきます_(._.)_
まず簡単に自己紹介から~
今年でとうとう40歳になった江戸っ子B型左利き、妻と息子1人の3人家族。
思えば大学4年の夏、子供を授かり「あっ!!就活してねぇぇぇ~!!」となり、慌てて就いたリフォーム会社の営業職で
今でいう「パワハラ」を存分に体験したのち、建築業界の営業を経て印刷業界の門を叩きました😘
印刷業界経験は約10年、マル・ビに入社して6年くらい。
幸いにも社長の寵愛を全身に浴びて現在営業部のリーダーを務めさせていただいております!
おかげさまで息子も高校2年生、あと少しで子育ても終わるし田舎でのんびり余生を過ごそっかな~(社長がブログみませんように😐)

そんな話はさておき、今回ブログを担当させていただくのでマル・ビの紹介を。
弊社は新宿区の神楽坂でデザイン~製版~印刷~加工をワンストップで対応できる印刷会社です!得意分野は厚紙・特殊紙・特色印刷・・・中でもレンチキュラー印刷という3Dになったり動いたりする印刷は日本一の自信があるようなないような。。。
今回はそんなレンチキュラー印刷の中でも特に聞かれることの多い
「3D印刷ってどうやってつくってんの??」
について簡単にご紹介します!!

まず、こちらが3Dポストカード
う~ん、なんか3Dにみえない。。。😂
そうなんです!レンチキュラー3Dは両目でみることで立体感を味わえるシロモノでカメラなどの一眼だと表現できないんです。。。
(これがリモートの世の中になってすごーく、めんどくさい部分 笑)
↓↓↓レンチキュラー印刷の仕組みについてはこちら↓↓↓
http://www.yosey.co.jp/service/lenti/lenti_mechanism/

そんなわけで3Dはどうやってつくってるのかを対面で説明出来ない場合は動画を使って説明するのが1番!!
↓↓↓3Dはどうやってつくってんの??はこちら↓↓↓

http://www.yosey.co.jp/dcms_media/other/Real3D_preview202107.mp4

こんな感じで、1枚のデザイン(推奨は奥行きごとのレイヤー分けのデータ)を専用ソフトを使ってPC内でジオラマをつくるイメージです!
このデータをレンチキュラーレンズの凹凸面からみたときに3Dになるようにデータを演算して~そいつを4c刷版して~UVオフセット
印刷でカッチリ印刷すれば、、レンチキュラー3Dの完成です😃
3Dは切り抜き・造型の細かさで品質に大きく差が出ます!
マル・ビは・・・それ。すごく得意です!!😉
優しくするから・・・ぜひ、怖がらずにマル・ビへご相談ください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社マル・ビ 
〒162-0803 東京都新宿区赤城下町45番地
03-5229-4202

E-mail:kitamura@yosey.co.jp

URL: http://www.yosey.co.jp/

 

 

 

[`yahoo` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク





印刷関連業界の最新情報が手に入る!!
「印青連メルマガ」配信中!!

今期テーマは、『エクスペリエンス』これまで妥協してきた事を打ち破るほどの体験を実現する) と『交流』( 従業員の時代!全てを巻き込む)。各単組のみならず、所属する会社様のお役に立てる情報を発信して参ります。
また、本メルマガは印刷関連業界の最新情報を随時お届けさせて頂きますので、ご興味をお持ち頂きました異業種の皆様にも是非お送りさせて頂ければと思います。
ご登録お待ちしております(*^^*)



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください