支援活動のご紹介

SAKURA プロジェクトから「えほんとてがみプロジェクト」へ

忘れてはならない2011年3月11日の東日本大震災。

被災地支援の一貫として何かできないか…と言う思いから始まった「SAKURA プロジェクト」。

震災直後より多くの会員から支援物資の供給、募金活動などを経て、次の支援活動として「えほんとてがみプロジェクト」が発足しました。

「おえかき かきかき」を発刊(2011年)

被災地の子どもたちを応援するために「絵本」を送る計画がスタートし、オリジナル絵本「おえかき かきかき(作・絵:ちくいこずえ)」を発刊。絵本を購入していただいた方からのメッセージを添えて同年12月に被災地域の子どもたちへ「おえかき かきかき」を届けに行きました。

oekaki_cover

被災地の皆さんへの応援メッセージ

えほんとてがみ_お届け

第2弾「ツブさんのおさんぽ」を発刊(2012年)

販売形態や応援メッセージの形を変えて翌年12月に第2弾「ツブさんのおさんぽ(作・絵:ちくい こずえ)」を発刊。第2弾の絵本に届いた応援メッセージを添えて翌夏届けてまいりました。

tsubu3_cover

被災してから4年目を迎える2015年。第3弾の支援活動をプロジェクトは進めております。皆さまのご支援とご協力を引き続きよろしくお願いいたします。

    えほんとてがみ公式サイトはこちら

「えほんとてがみ」プロジェクト一同  

PAGETOP