日本の天辺を目指せ🗻〜 Mt. Fuji climbing 〜

スポンサーリンク



印青連ブログ、平成31年の第2号です。

今回は、富士登山について書いてみます。

今月号担当のネットワーク委員会のシマです。

 

日本人たるもの一度は富士山を登頂し、いつかは子供と一緒に登れたら、と思っていました。ですが、富士登山に挑戦するキッカケがないまま、気がつけば人生の約半分が経過。 ある青年部系で知り合った人が、毎年、富士登山に行っていることを聞き、2012年に初めて富士登山の機会が出来ました。

 

2016年には、当時9才の息子と登頂。2017年は、毎年あったツアーがなくて「5年連続で途絶えるな~」とボヤいたところ、当時14才で中2の娘が「富士山のぼってみたい~」と軽い一言。で、初めての2人きりで登頂し6年登頂継続。2018年はいろいろあって(無くて?)、初めて単独で登頂。

 

初めての登頂から、この7年の記憶を思い起こし、「富士山のぼりたい〜」とか、「富士山なんか絶対のぼりたくない」とか、いろんな方がいるでしょうが、今回は、この7年の富士登山の経験を書くこととします。

 

登山ルートは4ルート。

富士登山には、主に4つの登山ルートがあることを初登頂の時に知りました。山梨県側の富士吉田ルートは、最も人気が高く混んでいるので私は避けたいルート。静岡県側の最も難易度が高い御殿場ルートはまだ挑戦したことがなく、空いている富士宮ルートか須走(すばしり)ルートがオススメです。

 

トイレは有料、です。登山者は皆、食料や飲み物は持参するので、登山ではお金を使わない人も多いかもしれません。要所要所で休憩できる山小屋は、一息つける貴重な場所です。トイレ使用料ぐらい喜んで払ってあげましょう。

 

登頂までの時間は? 登り方のコツは?

 

個人差です。 ゆっくり過ぎても進みませんが、とにかくマイペースで1歩ずつです。息が上がってしまうような大股歩きは、高山病になりやすいです。おしゃべりも息が乱れる要因です。5合目スタート時に山頂を見上げてから、どんだけ登り続けても山頂に近づいているように見えません。とにかく1歩1歩。自分は7回経験し、歩き方、荷物の詰め方、背負い方のコツが分かってきて、昨年は5時間半で登りました。トレイルランするような強靭な人たちに聞くと2~3時間で登るそうです。今年は、裸足で登頂している人を見かけました。

 

 

“お鉢巡り”

登る前は、山頂って“点”のイメージだったのですが、さすがは富士山、山頂を周るだけでも約1時間かかります。火口も壮大です。

 

最高峰3776m、剣ヶ峰(けんがみね) 日本の天辺(てっぺん)。

山頂にたどり着いたと思っても、実はさらにキツ~い砂利の坂を登らないと最高峰には行けません。石碑は撮影ポイントになっており、記念撮影待ちで数十分も行列で待つことも。慣れている人は、律儀に並んで待つ日本人の習性を横目に、行列の横をスイスイ登って、パシャッと撮って、サッと降ります。

 

さて、ここからは、穴場や運が良いと見られる絶景について。 富士山で2番目に高い八神峰のひとつ、白山岳。富士五湖が見下ろせる絶景ポイント。お鉢巡りコースの途中にありますが、ロープが張られており登る人もほとんどいませんが、実は最高の景色が見られる穴場(といっても登りです)。コースを外れ10数分は登るので覚悟が必要。絶景もありますが、絶壁もあり、落下したら確実にアノ世行きです。体力的にも、危険もあるので、登ってみるかは自己責任で。

 

影富士。天候とタイミングで、運が良いと見られます。明け方は山頂から南西の方向に富士山の等身大?の巨大な影が伸びます。山頂では南西側にいないと見られません。夕暮れ時も、南東側にいると見られることがあります。

 

ご来光。宝永山。山頂の夕日。砂走り。山頂で結婚式。ニホンカモシカ。ハロ現象。今年は、さらに超常現象にいくつか出くわしたしましたが、今回はここまで。 富士登山すると、雲の上の存在にもなれて、ひとつひとつの事柄に「日本一高い」、「日本一空気が薄い」、「日本一ツラい」と、いちいち「日本一○○」と表現できます。一度は「日本一」を経験してみてはいかがでしょうか。

 

なお今回の画像は全て、自分で登山時に撮った写真です。

[`yahoo` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク





印刷関連業界の最新情報が手に入る!!
「印青連メルマガ」配信中!!

今期テーマは、『エクスペリエンス』これまで妥協してきた事を打ち破るほどの体験を実現する) と『交流』( 従業員の時代!全てを巻き込む)。各単組のみならず、所属する会社様のお役に立てる情報を発信して参ります。
また、本メルマガは印刷関連業界の最新情報を随時お届けさせて頂きますので、ご興味をお持ち頂きました異業種の皆様にも是非お送りさせて頂ければと思います。
ご登録お待ちしております(*^^*)



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください