我が子や両親と過ごせる、残された時間は…

スポンサーリンク



皆さん、こんにちは!!
広報宣伝委員会の松谷です!

題名だけで、いきなりおセンチだなー。って思われますかね。

そうです。
たまには、おセンチなのですよ。

我が子と過ごせる残り時間

皆さんは、そんな事考えたことありますか?

例えば、今はまだ幼く可愛い我が子。可愛くもあり、ちょっぴり憎たらしい時もありますね(笑)
私にも、今、7歳と3歳の息子達がいます。

どちらもわんぱく盛り。
家の中は、毎日小さな怪獣二匹が運動会を繰り広げている状態です。

仕事で疲れて帰っても、彼らは寸分も容赦してくれません。

「あそぼー」

「しゅくだい一緒にやろぉー」

「牛乳いれてー」

「このゴミ捨てて―」

「馬になってー」

って、俺はお前らの執事か!!
俺は会社じゃ(ちょっとだけ)偉いんだぞ!?

(嫁:へぇ。アンタが?)

みたいな日々・・・。

それでも、そんなやりとりが幸せな日々。

ある日テレビ番組を何気なく見ていると、

父親が生涯子供と一緒に過ごせる時間は、3年4カ月(母親は7年6カ月)
という調べがありました。

「たった3年?親父って、そんなもん??」と愕然。
しかも、その期間の殆どは、幼少期頃に費やしてしまうとか。

「子供は3歳までに、一生涯分の親孝行をする」なんて良く言いますね。

これは、まだ自我が芽生える前の、一番愛くるしい我が子の幼少期頃を振り返って、親がそう想うのでしょうね。

もちろん親にとっては3歳過ぎても可愛い我が子ですが、彼らにも自我が芽生え、最初の反抗期を迎え、少し成長して小学生ともなると、段々と親との距離を置くようになりますね。

我が家も7歳のお兄ちゃんは、既に買い物には一緒に行ってくれません。

多分コイツとは、残り2年切ったな・・・(´-ω-`)

親と過ごせる残り時間

同じ様な話ですが、自立した子供が親と会うのは、平均で、

1年に6回×1回当たり4時間=1日/年

だそうです。

確かに言われてみれば、そんなものかも。
親と過ごせる時間は、冷静に見ると少ないですね。

例えば、私の父が75歳、母が今69歳。
二人とも90歳までとして、父とは15日、母とは21日しか残されていません。

生涯で、あと1カ月を共にする事も難しいのか・・・。

月並みですが、私も中学生頃からは、親の事をロクに気にせず、自分勝手にしていました。

親の心配をよそに、バイクの免許を勝手に取ったり、朝まで遊んで帰らなかったり。時には警察にお世話(補導ね)になったり。

親の事など、本当に気にも留めていなかった・・・。

しかし、自分が親になってみると、子どもに自分を映してしまいます。

「こども達が、親(自分達)を気にもしなくなってしまったら、きっと悲しいなぁ」って。

親ってこんなに心配なものなのか。
当時は自分が散々心配をかけていたんだろうな。

両親を大切にしよう。

いい歳になって、改めて思いました。

無償の愛を全身に受けて育ててもらった事を、人は大人になって初めて気付き、親に感謝するものなのでしょうね。

でも、その恩返しをする時間は、残り少ないのです・・・。

自分の息子が大きくなったら、どんな思いだろう

「私の息子が大きくなり、独り立ちをしたらどうだろうか?」

少し考えてみました。

きっと息子の事(現状)が知りたいし、常に身を案じるだろうな。
会ってくれるだけでも嬉しいのかな・・・?
何かで活躍しているのを目にしたら、これ以上ない幸せだろうな。

親は子どもの事が知りたい。会えるだけでもいい。

残り少ない子ども達との時間は、何をしていても大切な時間になるでしょう。

その中で、かけがえのない「思い出」を作る事が出来れば、なお幸せでしょうね。

自分が幼い頃、どうだっただろう

「私が幼い子供のとき、親にどうして欲しかったかな?」

これも思い出して(考えて)みました。

一緒に遊んで欲しかった。
一緒にご飯を食べたかった。
学芸会や運動会に来て欲しかった。
自分の事をもっと見て欲しかった。
※不幸な幼少期だったわけではありませんw

あ、それ殆どオカンに対して思ってたかもな・・・。
親父の事はどーでも良かったかも。

→ 我が家も息子たちが結構冷たい(T_T)

男なんて所詮マザコンですからね。

昔は共働きの家庭も多く、両親との時間が取れない子供も多かったですよね。私もその一人でした。

普段一緒に居れない分、イベントを見に来てくれたり、休みの日に何処かへ連れて行ってくれた事は特に良く覚えています。

今でも自分の心に、親との「思い出」が、強く残っているのです。

だからもっと、子どもや親との「思い出」を増やそう

ある程度の歳月はあっても、一緒に居る事の出来るは残された時間は、限られています。

なるべく多くの時間を両親や子どもに使うとしても、限界があります。

では、どうするか?

「幸せな思い出を、少しでも多く作ろう」

と思うのです。

両親にとって、子ども達にとって、幸せな思い出。

しかし、子ども、両親、共に楽しめるようなイベントって、中々難しいですよね。

旅行など楽しそうですが、そう滅多に行けるものでもありません。

そんな時、気付いたのです・・・

 

 

 

印青連大人の運動会が目の前にあるじゃないか!!」

 

え?

結局そこかい。って?

 

そりゃ結局そこですよ。

 

だって、

 

このタイミングで運動会スルーしたら、

 

あの人達に・・・

 

 

 

何されるか、分からないんですよ!!

 

 

・・・印青連って、怖いとこッス(・´з`・)

 

気を取り直してっと。

「印青連大人の運動会」は、大人たちがガチで運動会をやるのです!!

そして、ご家族の皆さんに見ていただきたいのです。
奥さん、お子さんだけではなく、是非ご両親にも。

お父さんが、或いは大きくなった我が子が大活躍するのを見て、皆で幸せな「思い出」を持ち帰ってください。

 

ま、ともあれ。

かけがえのない、家族との時間。
大切にしたいものですね。

でも本当の一番は、やっぱり嫁さんとの時間かなぁー。
愛想尽かされたら困るしねw

と、言いながら、
このブログを、日曜日の日中に会社でせっせと書いている、ダメな旦那・・・。

書いてて気付いた、

嫁、出てねーじゃん。ヤバイかなぁ。
からの、後付け・・・。

皆さんも一番のパートナーの事を、忘れちゃいけませんよ~(T_T)/~~~

【印青連おとなの運動会】
◇ 日 時:平成30年10月28日(日) 10:00〜16:00
◇ 場 所:外堀公園総合グラウンド(とにかく広いです!300人くらい余裕で入れます)
JR 東京メトロ四谷駅から徒歩5分)
◇ 対   象
  どなたでも参加可
◇ 参 加 費 
競技参加者 :¥2,000
上記ご家族 :無料
応援のみの方:無料

お申込みは各単組へお願いします!
ご不明な点はFaceBook「印青連 大人の運動会」までコメントください

 

[`yahoo` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク





印刷関連業界の最新情報が手に入る!!
「印青連メルマガ」配信中!!

今期テーマは、『エクスペリエンス』これまで妥協してきた事を打ち破るほどの体験を実現する) と『交流』( 従業員の時代!全てを巻き込む)。各単組のみならず、所属する会社様のお役に立てる情報を発信して参ります。
また、本メルマガは印刷関連業界の最新情報を随時お届けさせて頂きますので、ご興味をお持ち頂きました異業種の皆様にも是非お送りさせて頂ければと思います。
ご登録お待ちしております(*^^*)



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください