自社紹介!大進ラベルって?

12162879_963709777018729_765333331_o

 

皆さんこんちは、印青連シナジー委員会の藤井です。
いろいろ紆余曲折有りましたが、やっとここまで辿り着きました、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、いよいよ始まったシナジーブログ(仮)、まず最初の記事は各委員たちの、自社紹介から始めたいと思います。
「印刷&加工のみ」について、我々が詳しく書くのは最初で最後かも知れません。

貴重ですよ、ぜひご一読下さい。

 

▼目次

  • 大進ラベル印刷ってどんな会社?
    • 組織図と成り立ち
    • 事業内容
  • シール・ラベルの特徴
    • どうやって注文すればいいの?
    • シールの印刷方式
  • 特別な情報が知りたい!
    • 変な仕上げ
    • シールじゃない?
  • ちょっと変わってる所
  • まとめ

 

大進ラベル印刷ってどんな会社?

成り立ち

組織図1

 

昭和47 年に、僕の父が現在も就業している品川区荏原にて、創業致しました。
当時は高度経済成長期で、まさに製造業・印刷業右肩上がりの真っ最中で、創業の5 年後、昭和52 年に僕・54 年に妹が生まれるのですが、幼いころ四畳半と、六畳の二間のアパートで暮らしていた記憶があるのですが、小学校に上がるころには一軒家に移り住んでいました。

会社の方も僕が遊びに行く度に人数が増え、敷地も大きくなり、父が夜な夜な帰ってこなくなりました(笑)

今の我が社では考えられないような成長ぶりですね。印刷業を続ける限り、もう戻っては来ない時代でしょうね。メジャースポーツが、観客に飽きられ、スポンサーが離れ、マイナースポーツに降格したような感じ、ですかね。

 

事業内容

業務ラベル・シール・スッテカー制作と一般印刷を承っております。工場一体型なので短納期も実施可能です。
ご連絡頂ければ、打ち合せ・原稿の引取りから納品まで多少にかかわらず、営業スタッフが両日中にお伺い致します。また、遠方の場合は宅急便等の直送もうけたまわります。

簡易な製品から高度な印刷技術を伴うものまで、さまざまな機械と経験豊かなスタッフにより、幅広くご対応させていただきます、お仕事でなくても、ご質問等あれば気軽に会社の方のご連絡下さい

http://www.daishin-l.co.jp/saiyou.html

 

 

シール・ラベルの特徴

シール・ラベルといっても様々な種類、用途があります。温度や湿度で選ぶことも可能ですし、環境によって、例えば水に、強いもの、ザラザラの粗面に貼れる強力な粘着のものから、しばらくしてからはがしたい再剥離のもの。皮膚に貼る、ピッ〇エレキ〇ン・絆創膏などもシールですよね。

自転車などに貼ってる反射シートなんかもシールです、暗闇で存在を示す目印として使われています。

意外と皆さんは、普段からシール系のものの恩恵を受けているんですよ。

どうやって注文すればいいの?

まずは用途ですね、どういった環境下(屋内外・温度等)で、どのようなモノ(被着体とも言う)に貼るか、それらを聞ければ、材料のご提案を致します。

その後、枚数・サイズ(ミリメートルだと望ましい)・色(デザイン)・仕上がりの形状、ここまでの情報をいただければ、ほとんどの場合、見積り可能です。

♦悪徳業者にご注意

シール業界で、近年増えている悪徳業者がいます。

これが意外にも名の通った大手(あ~言いたい・・)だったりするのですが、お仕事をいただいてるお客さんを裏切り、その先のユーザーに直接連絡をとって、お客さんから仕事を奪うのです!

もし、新規でシール会社と付き合う事になり、なんだか信用できなさそうだな、と感じた方は僕にご連絡を。業界のネットワークを使って、探ります!!

シールの印刷方法

ブログ記事_01_会社紹介.pdf - Adobe Acrobat Pro DC

シールが1枚の紙(剝離紙)の上にのってる感じ。シール印刷の方法は、昔ながらの凸版印刷が主流です。

上記の写真右のような樹脂、もしくは金属(銅・亜鉛)の版を使い、プレス式の印刷をします。
シール印刷機の特徴として、一般印刷では分業になる、表面加工や上記写真左のような型を使って抜き加工、機械によっては箔押しなんかも1パスで行うことも、めずらしい事ではないです。

ここの記事は、印刷業界以外の方には少し難しかったかも知れませんね、詳しくは下記の動画を見てください。

 

特別な情報が知りたい!

ブログ記事_01_会社紹介.pdf - Adobe Acrobat Pro DC

特別な情報ですか・・・
じゃあ特別に!!・・・
ってないんだよなそんな大したものは。
なんとかひねり出します。

 

大進ラベル印刷の特別な技

ん~~、何でしょうか。

以前は全抜き加工という技、と答えていたのですが、外へ出てみたらもう結構やってるところが多くてね~~、特別ではないですね。

これから開発できれば、ですかね。

 

大進ラベル印刷の特別な製品

製品、というと特別と言えるものは有りませんが、売り方というところで、Amazon で販売を行っております。

まだ始めてから、そう時間は経っておらずラインナップも少ないですが、良かったらご覧になってみてください。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=cm_cr_pr_pdt_bl_sr?ie=UTF8&field-keywords=DaishinLabel

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

シールはまだまだ奥が深いですし、大進ラベルはもっと深いです(笑)読者のみなさんが、望むならば、いずれまた深い話を。

このブログを立ち上げて、僕にとって2つ目の記事となりました。本業を文章におこしてみると、自分にとっても新たな発見がありました。

ロジカルに考えて記事を書くことは感情の赴くままに、日記を書くのとは違いました。次回からが本当の本番です。

このブログでは基本的に全員が印刷以外の事を書いていきます。

僕は2 つのジャンルを担当していきます。1 つ目は、「デザイン・アート」2 つ目は、「映像」。

これらのお得情報・レッスン・チュートリアルなどを記事にしていきますので、ぜひぜひご覧になって下さい。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

藤井。

 

[`yahoo` not found]
LINEで送る

PAGETOP